Daily Life at the LIGHTHOUSE

好きなことをやれ!【株式会社ALA:奥平 翔吾】(起業インタビュー)

この冬酒田に降る雪を見て大喜びした人がいます。それがこの方、株式会社ALA代表取締役の奥平 翔吾さん。なんと南国沖縄からやって来た彼は、12月からLIGHTHOUSEにオフィスを構えました。軽やかなステップで前進する株式会社ALAは、どの様な経緯でこの形になったのか、気になりますよね。それでは聞いていきましょう!

株式会社ALA  代表取締役  奥平 翔吾

株式会社ALAの仕事

── まずはじめに、株式会社ALAはどんな会社ですか?

Web広告代理をやっています。ALAがやっているのは成果報酬型広告代理事業と広告の運用代行サービスです。
主な取引先はFacebook Japan、Google、Yahoo!、Twitter Japanなど。

Web広告を使って、無名の化粧品でも1日で800本くらい売れたこともありましたね。

── 800本?!それはどうやって?

Yahoo!の広告枠で出したんですよ。これ、もっと色んな媒体出せてたら本当は2000本くらい売れたんじゃないかな。
それくらいの破壊力があるんです今Web広告って。

Yahoo!なんかはユーザー数が多いから、予算掛ければ30億インプレッションとか出るんすよ。影響力ありますよね。

── 30億回みられるってことですよね

そうっす!
広告を媒介して的確な人間にターゲティングして出稿するのがこの仕事。
web上での集客力と販売力が間違いなく身につくなと思ってハマりました。

それと、この業種のいいところは「どこでも仕事できること」ですね。
僕は元々フットワークが軽いので、場所を選ばないこの仕事が好きです。

面白すぎるメンバーのバックグラウンド

── もともとは何をされてたんですか?

元々は沖縄のWeb広告代理店にいて、その前はライブハウスで楽器演奏してました。

── 音楽家だったんですか!

はい、最近ALAの社員になったノブも一緒にスカコアのバンドやってたんですよね。
Hi-STANDARDにラッパが入った感じの。

すごく楽しかったんですけど経済力が弱かったので、副業で輸入の仕事もやってたんです。その結果サラリーマンくらいには稼げるようになったんですよ。でもそれもレバレッジが効かなくて。時間=収入って感じだったんですよね。

それでブログやろうと思ったんです。そしたら1回作った後に結構ファンがついちゃって。ブログに広告貼ってたんで勝手に収益上げてくれるようになったんです。何もやらなくても入ってくるじゃんって!それって面白いなと思ったんですよね。

── 一緒にバンドをやっていたノブさんもブログされてたんですか?

バンドは途中で解散して、ノブは農業やってました。

── 農業?!

ロックですよね、トラクターとか動かしてたんですよ笑
あいつ自然大好きなんで。それも沖縄でやってたんですけど、膝壊したって言うからALAに誘ったんです。それが最近の話ですね。

小柳は同じWeb広告代理店に勤めてて知り合いました。彼は前職で色々なメディアから声が掛かる程のエースだったんです。そんな中、それをやめて投資をやると言い出したので「そんなに知識あるのに勿体無いよ!一緒にやろうよ」って言ったら乗り気になって。それが今年の夏くらい。その後小柳の地元の仲間だった森谷もジョインしました。

で、今の体制で株式会社ALAが本格的に独立したのは10月ですね。小柳と森谷がいる山形と沖縄をリモートで繋いで仕事し始めました。森谷がLIGHTHOUSEを使っていたのを知って沖縄から来て、まあ2年くらい山形住んでみるのもいっか〜ってシェアオフィスを借りました笑

── 今の体制のALAになるまでの背景が面白すぎますね

そうっすね、森谷は元美容師だし、小柳はWeb広告やる前コックだったし。それぞれ皆畑が違って面白いんですよ。
音楽家・コック・美容師・農家が集まるなんてワンピースの船みたいじゃないですか笑
大事なのは何をやるかよりも誰とやるかだと思うんですよね。

これからの話。好きなことをやること。

── 今バックグランドについてお聞きしましたけど、次は「これから」のことについて聞かせて下さい

その時その時で変化していけたらいいなと思います。なんならWeb広告じゃなくてもいいかなと思ってて。今もまさに変化している最中で、本格的に始めた2ヶ月前とやってること全然違うんですよ。この業界、移り変わりが激しいんです。2ヶ月前に通用したものがもう通用しない。だから必死についていかないといけない。で、必死についていく過程で色んな人と交流して点を増やして、ALAオリジナルの線になっていけばいいのかなって。

だから最終的な目標って特にないんです。今楽しければいいなって思ってます笑
行き当たりばったりの方が楽しいし。僕の場合ね。

柔軟に「なんでもこいや!」って感じで、初めての山形にも抵抗なく来れました。

── LIGHTHOUSEでやりたいことってありますか?

仕事がちょっと落ち着いたら、皆さんがやっていることのお手伝いができたらなと思ってます。
それを通して、一緒に酒田を盛り上げていけたらなと。セミナーもやりたいっすねー!

そうそう、「やりたいこと」についてなんですけど「好きなことやる」ってすごい大切だなって思うんですよ。

── 「好きなことをやる」ですか

Youtuberをやっている友達がいるんですけど、好きなゲーム実況とかおもちゃのレビューとかやってるのを見て、いいなあって思うんです。こんな風に好きなことをしたり書きたいことを書いて成果報酬型で収益得てる人がいるんだってこと、もっともっと広まったらいいなって思います。

ヒカキンとかいい例ですよね。好きなことをやり続けていたら、勝手に仕事が舞い込んでくる。
今や個人が好きなことでマネタイズする時代です。これからは好きなことやってる方が強いんですよね。

そして、それを続けていれば子供も大人を見る目が変わると思うんです。
きっとスーパーマンみたいな未来が描ける。

個人の時代はどんどん近づいて来ているので、子供たちには個人の情報発信力を高めていって欲しいですね。
「好きが一番強いんだ。好きなことをやれ!」って伝えていきたいなと思ってます。

── ちなみに翔吾さんの好きなことって、なんですか

えーと・・・そうですね・・・

探し中です!

── えええー!

実は、好きなこと探してる最中が一番楽しかったりするんですよね笑

さいごに

左から、元シェフ・元音楽家・元農家・元美容師。
まるでバンドを結成するように集まった、最強のクリエイティブ集団がLIGHTHOUSEへやって来ました。

当インタビューでは場所に捉われないフリースタイルな生き様に感動しました。
株式会社ALAさん、これからもよろしくお願いします!

株式会社ALAメンバー

代表取締役:奥平 翔吾
取締役:小柳 崇
森屋 稔洋
仲里 延淳

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP